新着情報

酒蔵だより

2018.12.7
連載エッセイ 大和の酒蔵便り更新
最新号はvol.168 醸造祈願、生酒の出荷、火入れの起源です。

大和の酒蔵便りを見る▼

「物部」は天皇の形容詞だった!<古代史の謎は血縁関係で解ける>

2018.12.7
連載エッセイ アラカン社長の徒然草(「若社長の中国日記」改題)更新
最新号はvol.111 「物部」は天皇の形容詞だった!<古代史の謎は血縁関係で解ける>第十三章 秦氏がもたらしたものです。

アラカン社長の徒然草を見る▼

今月のおすすめ商品

元旦午前中にお届け
正月用しぼりたて生原酒

 1300年の歴史を持つ古社・賣太(めた)神社の御祈祷を受けた
正月用しぼりたて生原酒。 賣太神社の御札と共にお届けします。

 賣太神社は、中谷酒造から徒歩10分。祭神の稗田阿礼(ひえだのあれ)は、記憶力に優
れ、その記憶を基に書かれたのが古事記です。学業成就や記憶力に御利益があるとされ、幅
広い世代の信仰を集めています。
 新年にふさわしい鮮度を味わっていただこうと、圧搾・瓶詰作業は年末最後の作業で行い
ます。搾った直後に瓶詰めしますので薄い澱を含んでいます。又、発酵時に酵母菌が出す炭
酸ガスを残しており、口の中ではじけるような新酒の風味を味わえます。「おいしい!」と
笑顔がこぼれること間違いなしです。