春の訪れ【酒蔵便りvol.87】

<蔵の様子>

 正門を入った左側には遅咲きの梅があります。今月に入って、つぼみがふくらみ、間もなく明るいピンクの花が咲きそうです。大和路に春がやってきました。
 寒暖の差の激しい春ですが、毎日の気温に対応しながら蔵では酒造り、発酵管理が続いています。そして今月は東大寺二月堂のお水取り。これが終われば寒波も訪れません。
 今月31日に最後のタンクの仕込み作業を行います。それまで毎日、米を蒸して、麹を作って、酒を仕込み、発酵の終わったタンクのもろみを搾る作業が続きます。

この号終わり

写真1:ふくらみを増した梅のつぼみ
写真2:室(むろ)前の麹

2012年3月
中谷酒造(株)代表取締役  中谷正人