仕込の終了と桜の開花【酒蔵便りvol.112】

<蔵の様子>

郡山城址の桜(4月1日撮影) 3月27日、庭の梅は前日の雨と強い風で花が散りました。それと入れ替わりに桜が開花しました。郡山城址は桜の名所です。今年も素晴らしい桜花が見られます。春らしい薄雲の懸かった空の下、淡いピンクの花びらに充ちた綺麗な写真が撮れました。

麹室の布を干す酒蔵の庭 今シーズン最後の仕込作業は3月28日に終えました。
 麹作りの終わった麹室(こうじむろ)の片付けが始まりました。製麹機の棚やパイプ類、道具、布は洗浄して太陽光に晒して殺菌、収納します。床や壁は拭き、殺菌します。
 最後のもろみを搾るのは4月下旬。これが終われば酒造りの終了です。

最後の蒸米から立ち昇る湯気 4月1日から消費税が上がりました。前夜は、売場を弊社に任せていただいている産直市場でバーコードシールの張り替えをしました。ホームページの価格も改定しました。大きな混乱もなく改訂の日を迎えることができました。

 春は命が芽吹く時。春の味覚は格別です。
 菜の花とホタルイカは酢味噌で。カマスゴは少し炙ってから酢醤油に漬けて食べます。昼間のうららかな気温とは裏腹に、夕刻ともなれば寒さが戻って来ます。春の物と燗酒は絶妙の組み合わせです。鰆の塩焼きと冷酒も良し。嬉しい春です。

写真上:郡山城址の桜(4月1日撮影)
写真中:最後の蒸米から立ち昇る湯気
写真下:麹室の布を干す酒蔵の庭

2014年4月
 中谷酒造(株)代表取締役  中谷正人