稲の出穂と酒造りの準備【酒蔵便りvol.117】

<蔵の様子>

出穂 弊社管理田の山田錦は8月末に出穂が始まりました。山田錦は原生品種の性格を持ちますので、日照時間に反応して毎年この頃に出穂が始まります。9月の第一週には全ての穂が出そろいます。
 今年の夏は猛暑日が全くなかったそうです。人によっては稲の生育が悪くなるかと心配して下さいますが、そんなことはありません。逆に高温障害がなくなり、米の質は上がります。稲も人も適度な暑さが良いようです。

出穂した水田 今月から酒造りの準備が始まります。この春、洗浄して乾かし、しまっておいた布などの道具を出し、洗います。手入れをして片付けておいた設備は組付けを始めます。タンクや器具の洗浄も行います。
 今月末には最初の酒母(酵母の培養液)を作ります。10月に入るとすぐに第一本目のタンクの仕込み。それが終わると山田錦の稲刈りです

写真1:出穂
写真2:出穂した水田

2014年9月
 中谷酒造(株)代表取締役  中谷正人