やまと郡山の酒 萬穣・朝香・幻鷹

中谷酒造株式会社 
〒639-1117 奈良県大和郡山市番条町 561番地
Tel. 0743-56-2296 Fax. 0743-56-2464 E-mail. post@sake-asaka.co.jp


Vol. 40 (’99/Oct.11)    
特集若社長の中国日記 

 
 若社長のおもろい話、生きた中国情報。
        −−−これであなたも中国通に。

VOL.40 何が標準やねん 
 

 「ni あなた説的意思不明白!」 (何を言っているのか解りません!)
 北京で道を尋ねると時々こんな答えが返ってきて、あとは無視されます。原因は、北京弁で話さなかったことにあるようです。
 北京っ子は、自分たちの話す言葉がかなり訛っているにもかかわらず、それを標準語と信じています。北京は首都・国の中心、自分たちと同じ話し方をしない人間は田舎者、従って相手にしない、という三段論法のようです。
 同じようなことは日本でもあります。スーダラ節に乗って、調子良く飲んだまではよかったのですが・・・。

1.「チョイト一杯のつもりで」 愛用の近鉄電車

2.「いつの間にやら」 

3.「これじゃ身体にイイわきゃないよ」 

4.「わかっちゃ」いない 

以上           


前号(Vol.39)  ☆次号☆ 「 Vol.41 モテ始めたら御用心! 」 ('99/Nov./ 7掲載)
目次へ文頭へ戻る