メイン | 字体あれこれ【中国日記vol.101】 »

筆者よりご挨拶【酒蔵便りvol.1】

 中谷酒造・六代目の中谷です。と申しますより、「若社長」と申し上げたほうが皆様に馴染みがあるかもしれません。「若社長の中国日記」をご愛読いただ いている皆さま、そして中谷酒造の酒をご愛飲いただいている皆さま、いつもありがとうございます。
 弊社がホームページを立ち上げたのは1996年秋のことです。既に8年を経過し、構成など見づらい部分も出て参りました。そこで当ホームページをご利 用いただいている皆さまの使い勝手の良い方向にと、このたび全面改訂を行うことにいたしました。
主な改訂点は以下の通りです。

1.新連載エッセイ
「大和の酒蔵便り」と名づけた新たなページを設けました。酒蔵の様子、弊社で栽培しております酒米の生育の様子、飲酒シーンや料理の提案など、清酒に関する話題を提供致します。

2.季節のオススメ
各季節にいちばんおいしくお飲みいただけるお酒をご提案させていただきます。ぜひ、ご期待ください。

3.ショッピングカート
ネット通販でお買い求めいただく際に、少しでも皆さまが便利になりますようショッピングカートを導入させていただきました。ただ、誠に心苦しいのですが、ネット通販に関しては遠隔地からご注文をいただくことが非常に多く、送料無料サービスの限度額を上げさせていただきました(注)。

 今後、この「大和の酒蔵便り」を通じて皆様とつながりを深めて行きたいと考えています。毎月一回の発行を予定しています。「若社長の中国日記」と併せ、ご意見、ご要望、ご指導、ご鞭撻など、何卒宜しくお願い申し上げます。

 私は常々、日本の食文化と清酒の調和、そしてその伝統を次世代に伝えることを一種、趣味のように考えて地道に精進しております。清造りも品質に影響のある部分では妥協せず、機械化もせず、こだわっています。量を追わず、少しでもよいからと、地道に酒を造っています。中国でも、米を蒸して造る本当の日本の味わいを地道に広める努力をしています。
 これからもご理解賜り、何卒ご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。
 末筆ながら、皆様のご健勝、ご発展をお祈り申し上げます。

注:純米吟醸「朝香」のキャンペーンはマグマグ読者の皆様には継続させていただきます。