梅の開花と甑倒し【酒蔵便りvol.159】

<梅の開花>

 2月28日、庭の梅が咲き始めました。3月1日は春一番。それに二月堂のお水取りの松明が始まりました。3月4日は最高気温が20℃くらいまで上がり、いよいよ春到来です。

<酒蔵の様子>

 今シーズン最後の米を蒸し、タンクに投入しました。昔は釜の上に円筒形の甑(こしき)を載せてその中に米を入れて蒸しましたので、全ての米を蒸し終えた後、甑を外して片付けました。それを甑倒しと言い、酒造りの終わりが近づいた区切りとして宴席を開いたものです。
 発酵中のもろみは幾つも残っています。その中には出品用の大吟醸も含まれ、まだまだ発酵管理に神経を使います。
 時間にやや余裕が出たところで3月2日から二泊で関東方面の取引先を訪問しました。行きの新幹線車窓から素晴らしい富士を見ることができました。

写真1:庭の梅(3月6日)
写真2:車窓の富士(3月2日)

2018年3月
 中谷酒造(株)代表取締役  中谷正人