やまと郡山の酒 萬穣・朝香・幻鷹

中谷酒造株式会社 
〒639-1117 奈良県大和郡山市番条町 561番地
Tel. 0743-56-2296 Fax. 0743-56-2464 E-mail. post@sake-asaka.co.jp


Vol. 2 (’96/Sep.15)     
特集若社長の中国日記 
 
 天津中谷酒造社長 中谷正人が、市場開拓のために孤軍奮闘しながら見て、聞き、感じた最新の中国情報をお届けします。

VOL.2 なんでなくなるの?

1.事件  

2.傍証

3.結論  

 中国の人は鍵束を腰にぶらさげて歩きます。冷蔵庫や電話にまで鍵がついている位ですから一人十個ではききません。他人の物と自分の物の区別が希薄な社会に急に市場経済が導入され個人の物を守る必要が生じたからでしょうか。一説によれば戦前から鍵束を持ち歩く習慣があったとも聞きますし、鍵は富の象徴なのでしょうか。

 近代市民主義社会に始まる排他的所有権の概念が根付き始めたと信じたいものです。

つづく     


前号(Vol.1)  次号 「 Vol.3  やっぱり食は中国に在り 」  ('96/Oct./5 掲載) 
目次へ文頭へ戻る